041337
MZ-BBS

1: いらでもざんびーく (0) / 2: ペンションカサブランカ (0) / 3: モザンビーク島 (0) / 4: このサイトについて (0) /
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (300kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

◆ いらでもざんびーく 投稿者:AGT ホームページ  引用 
こんにちは

モザンビーク島、悠久の時の流れを感じる、というか時が流れていないように感じる場所でした。

建物は島の北部にはポルトガル風の物もありますが、島の中央より南はモザンビークの村、そのもので、一度で二度おいしい、島です。


2008/05/24(Sat) 23:46:40 [ No.4 ]

◆ ペンションカサブランカ 投稿者:wm ホームページ  引用 
モザンビーク島で泊まったペンション。
http://4travel.jp/traveler/lejardin2006/album/10181859/


2007/09/19(Wed) 06:06:55 [ No.3 ]

◆ モザンビーク島 投稿者:wm ホームページ  引用 
世界遺産、モザンビーク島です。

2007/09/19(Wed) 06:05:23 [ No.2 ]

◆ このサイトについて 投稿者:wm ホームページ  引用 
暫定公開です。
2006年3月、香港、ヨハネスブルグを経由してモザンビークの首都マプートへ到着した。香港からのCXには、日本を訪問し、その帰途にあったマラウイ大統領が同乗していた。香港から13時間のフライトは、成田からだとニューヨーク、ロンドンとほぼ同じだ。ヨハネスブルグへは早朝に到着、マプートへの乗り継ぎカウンターへ行くと18年前にハボローネからヨハネスブルグを経由してスワジランドへ行ったときと同じ、白人のクラークがカウンターに座っており、手際よく、ボーディングパスを手渡してくれた。ラウンジで、モザンビーク航空(LAM)の乗り継ぎ便出発まで朝食を取った。サファリラウンジというなんともアフリカらしいネーミング、空港内は当時と変わらずヨーロッパとさほど変わらない質を感じた。

2007/08/02(Thu) 12:23:09 [ No.1 ]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -